杉本健吉画伯お別れ会 
2004年 3月3日
2月10日亡くなった杉本健吉画伯のお別れ会が3月3日行われました。団地の中央にある公園が臨時駐車場に開放されましたがその駐車場がいっぱいになるような参列者でした。この団地始まって以来の多くの人が訪れました。電車利用者も多く普段は無人の美浜緑苑駅も臨時に管理者らしき名鉄職員が切符を販売しておりました。画伯死去の訃報が出て以来、土日の来館者は多くなっていましたが生存している画伯の美術館と云うのは少ないのではないでしょうか。
杉本美術館は団地の顔ですのでこれからも多くの人に来ていただきたいと思っています。
団地内の公園が臨時駐車場になりました 杉本美術館 献花に訪れた人
献花に訪れた人たち 献花に訪れた人たち 駅のホーム、電車で来た人
無人駅も臨時に駅員が来てました 献花 記帳



2004年 2月10日
 杉本健吉画伯 死去
現役最高齢の洋画家、杉本健吉画伯が2月10日肺炎の為死去されました。98歳でした。決して大家ぶらず作品を一切売らなかったのも、コレクターに自作が死蔵されるのを避けた為です。そうして集めた約4800点の作品を収めた「杉本美術館」、が1987年開館。毎週火曜日に自ら同美術館に足を運び来館者と会話を交わす親しみあふれるキャラクターでも知られています。団地内の道路上に座り込んでスケッチもされていた姿も見受けられました。
3月3日 午前11時から杉本美術館でお別れの会が開催されます。


美浜町へ戻る TOP Page  JK2AEN  JH2YXC


inserted by FC2 system